何が違う?工務店とハウスメーカーの違い

住宅を建てようと思ったとき、依頼する業者の候補として工務店やハウスメーカーが浮かぶ方も多いと思います。では実際、どのような点が違うのかをそれぞれの特徴とともにメリットとデメリットも提示しながらお伝えしていきます。

■工務店とは
工務店は、特定のエリアを対象とした地域密着型の業者が多く、工事全般に関わる職人を手配することや、管理を行っています。規模の大小は工務店によって異なり、少人数で運営しているところもあれば、フランチャイズ加盟店の工務店や、着工棟数が多い大規模な工務店もあります。
メリットとしては、間取りやデザインをより自由に組み立てることができ、比較的低コストで依頼することができることです。デザインだけではなく、建築資材にもこだわることができるため、一から家を作りたい方や細部まで自分のこだわりを入れた住宅にしたい方にはとてもおすすめです。
デメリットとしては、小さな工務店であると依頼数に限りがあるため、納期が少し長くなる可能性があることや、アフターメンテナンスの際にも混み合っている場合には少し時間を要する可能性があります。また倒産リスクも考慮しておく必要があります。
しかし混み合っていなければ、地域密着型のため何かあったときにはすぐに対応してくれることでしょう。
■ハウスメーカーとは
ハウスメーカーは、オリジナルのブランドを全国規模で展開していることから支社や支店が多いため、対応エリアが広く、大きな会社となっています。住宅展示場があることも多く、モデルハウスで実際の家を見ることができるため、完成後のイメージが想像しやすくなります。
メリットとしては、オリジナルブランドのプランやテーマに合わせたプランを多く用意しているため、それらの内容から自分の理想や希望に合うものを選んでいくことができます。そのため、ざっくりとしたイメージしかない場合にも、豊富な選択肢の中から選んでいくことができるため、初めての住宅作りでもプランを立てやすく、決めやすくなることでしょう。
また施工方法がマニュアル化されていることが多いため、短い工期で計画的に進められることや、規格化された資材などを利用するため、均一の品質を保ちやすいです。また経営基盤が比較的しっかりしているため、定期点検などのアフターフォローが整えられ、安定したサービスを受けられることが多いでしょう。
デメリットとしては、高額な広告費をかけていることから建築費用が比較的高くなる傾向にあり、工務店よりもコストがかかる可能性があります。また住宅のデザインなどの自由度が低く、プランにないものを取り入れるのは難しいことが多いです。
■特徴を知って要望に合うものを選ぼう
工務店にもハウスメーカーにもそれぞれの特徴があり、メリットもデメリットも存在します。そのため、自分の希望や要望を叶えるためにはどちらを選ぶ方が良いのかを考えて、決めていくことが重要となります。
工務店の最大のメリットは、デザインの自由さが高く、コストを抑えられることでした。工務店に依頼することで、ゼロから家をデザインできるため、オンリーワンの家づくりには最適です。
そのため細部まで自分の理想をちりばめられ、後悔のない住宅を作ることができるでしょう。またコストを抑えたい箇所やこだわりたい箇所を決められるため、ハウスメーカーと比べて全体的にコストを抑えられる可能性が高まります。
一方、ハウスメーカーの最大のメリットはブランド力による安心感であると考えられます。大手だからこその、均一の品質や安定の経営基盤、住宅を建て終わった後のアフターフォローなど長く安心して住み続けたい方には最適でした。家を作るに当たって自分が重要視することは何かをよく吟味し、それぞれの違いを理解した上で、自分の考えに合った方を選んでいきましょう。
今回は、工務店とハウスメーカーの違いについて紹介しました。それぞれの特徴が分かることで、自分はどちらに依頼した方が良いのかが明確になると思います。生活の基盤となる住居は、一生の中での大きな買い物とるため、自分にとって最適な方へ依頼していきましょう。

注文住宅にする?建売住宅にする?それぞれのメリット・デメリット

住宅を建てるとき、建て方には注文住宅と建売住宅があります。それぞれの特徴やメリット、デメリットについて詳しくお伝えしていきます。
■注文住宅とは
注文住宅とは、土地探しから建築までを自身で一から行う住宅のことを示します。家の外装や内装、設備なども自由に設計できるため、自分の理想とする家を自らが建てたという実感や満足感を得られます。
メリットとしては、土地探しから行う場には自分が納得のいくハウスメーカーや工務店をセレクトできることや、デザイン性の高い設計事務所などへ依頼することもできるため、自分のこだわりや理想、要望を取り入れた住宅を建てることができます。そのため、唯一無二の住宅を作ることができるでしょう。
また予算を自分で決められるため、コストをかける箇所とかけない箇所を見極めて住宅を建てていくことで、予算内の家づくりが実現できます。注文住宅は、こだわる箇所やデザイン、設備などによって高くも安くもなるため、注文住宅を計画する人に合わせた住宅作りとなります。
デメリットとしては、入居までの時間が長くかかることです。まず土地探しから購入までには、約半年から1年程かかることを考慮し、主要都市などの人気が高いエリアでは思うような土地を購入できないことも少なくありません。
また土地探しの後には、ハウスメーカーや工務店とのデザイン設計を行ってから着工となるため、土地購入から入居までは1年から2年程かかることもあります。しかし、土地をすでに持っている方であれば、ハウスメーカーや工務店探しからのスタートとなるため、入居までの時間は短くなることでしょう。
■建売住宅とは
建売住宅とは、土地と建物を一緒に購入できる新築一戸建て住宅のことを示します。建物がすでに建築済みのものとこれから建築していくものがあり、一つの土地開発区域に同じような住宅が複数売り出されていることが多く、それに合わせて街並みなどが計画的に整備されていることが多いです。
メリットとしては、入居までの期間が短いことです。特にすでに住宅が建築されているものであれば、自分の気に入る家が見つかれば不動産業者との契約や住宅ローンの申請が完了すれば入居できるため、最短1か月程で入居できます。
またこれから建築していく住宅の場合でも、約4カ月程度で入居できます。また購入資金を土地と建物をまとめて借りることができるため、書類の準備も1度で済みます。 デメリットとしては、間取りやデザインの変更ができないことです。オプションで設備の取替などはできたとしても、自分の理想の家にできるほど自由度は高くありません。
また周辺の住宅と似たようなデザインの住宅になりがちで、建築済みの住宅の場合、着工の様子を見ることができないため、きちんとした工事が行われているのかを確認することができず、不安要素の一つにもなるでしょう。そして、隣の家との間隔が狭くなる可能性もあります。また設備や内装はスタンダードなグレードのものになり、価格も万人受けする売りやすい価格設定となるため、全体的な要素は平均的で一般的な住宅という印象と言えるでしょう。
■おすすめは注文住宅
注文住宅と建売住宅の特徴は、それぞれあり、スタンダードな家を求めているのか、オンリーワンの住宅を求めているのかで変わってきます。しかし、おすすめしたいのは注文住宅です。
例えば、コスト面と外装・内装設備などを比較したときに、同じコストでも注文住宅であれば自分のこだわりや理想を取り入れた住宅を作ることができます。同じコストで周辺の住宅と同じような外観や内装の家を建てるのであれば、注文住宅にして予算内でも他の住宅とは異なる要素がある家を建てられた方が理想の家に近づくと考えられます。
もちろんかけるコストによって、こだわりを入れられる範囲には限界がありますが、長い間暮らしていくマイホームを建てるのであれば、より自分の理想や要望を少しでも取り入れた家にすることで愛着も湧き、満足感が得られることと思います。また二世帯住宅などにする場合にも、自由なデザイン設計のできる注文住宅であれば、建売住宅にはない間取りや生活空間を実現でき、より快適なライフスタイルを送れることでしょう。
入居までにはある程度の時間を要しますが、計画的に前もってスケジュールを組んでいくことで、夢のマイホームの実現が可能となります。そのため、自分や家族だけのオリジナルな家を建てられる注文住宅をおすすめします。
今回は、注文住宅と建売住宅の特徴と、メリット・デメリットについて紹介しました。注文住宅の最大のメリットは、自分のこだわりを取り入れられる自由な設計をそれぞれの予算内で実現できることであり、建売住宅は入居や各種手続きが簡単で早く、忙しい方でもスムーズに進めていけることでした。
もちろんそれぞれに良さがあり、自分の状況や家を建てる目的などによってどちらを選ぶのかは異なってくることでしょう。しかし大きな買い物であるマイホームだからこそ、理想を取り入れられる注文住宅をおすすめします。

建てるなら高性能な家!どんな性能があると良い?

家を建てるのであれば、どんな性能がある家が良いのでしょうか。人それぞれあると良いなと思う性能は異なると思いますが、ここでは家を建てるときにおすすめの性能として3つ紹介していきます。

■外断熱
外断熱の家は、外気の熱の出入りを遮断するもので、壁と柱の間に断熱材を設置していくものです。外断熱は建物全体を断熱材で包んでいくため、外の熱の出入りを遮断するだけではなく、部屋の中の温度を外へ逃がすことも少なくなるため、室内の寒暖差が少なくなり、部屋の温度を均一に保つことができます。
また気密性が高い上に防湿性も兼ね備えており、冷暖房の使用を抑えることにも繋がります。特に夏場であれば暑さの軽減、冬場であれば寒さの軽減につながることから 1年を通して快適に過ごすことができます。
そして部屋の中と外の温度差が少なくなることで結露が抑えられ、建材が腐ってしまうことやカビの発生を防ぐことができます。その結果、カビによるアレルギーの発生を防ぐことが可能になることや、住宅の老朽化を防ぎ、より家が長持ちするようになるなどのメリットがあります。ただし、気密性が高いことで通気性が低くなりがちなため、こまめな換気を行うことも大切です。
■高気密
高気密の家は、隙間が少なく、密閉性の高い家のことを示します。外断熱にも気密性の要素は含まれていましたが、それだけではなく寸法誤差が少ない高品質の建材を使用し、接合部分が気密シートやテープできちんと防がれているような住宅が高気密の家であると言えます。
高気密な家は、部屋の空気が漏れづらくなり、外気の侵入も少なくなるため、省エネで室内の温度を快適に保つことができます。そのため冷暖房をフル起動しなくても十分、快適な温度を保つことができ、電気代などが安く済みます。
また部屋の中の温度が均一になることで、暖かいお風呂などから冷たい脱衣所への移動などの寒暖際の差によって起こるヒートショックの心配もなくなります。健康面にも良い影響を与えてくれるでしょう。
また断熱性能の低下を防ぐこともできます。断熱材は気温差を均一にするものであるため、風には強くない一面があります。しかし高気密の家であれば、風そのものを遮断できるため、断熱材の効果をより発揮させることができます。
外断熱と高気密の両方を取り入れた家が最適ですね。また家全体を均一の高気密にすることで、効率良い換気を行うことができ、嫌な臭いに悩まされることも少なくなります。
そして外断熱と同様、外と部屋の中での温度差が少なくなることから結露の発生を防ぐことができます。また高気密であることで遮音性も高くなるため、交通網の多い道路沿いの家であっても騒音をある程度、遮断することができるでしょう。
■耐震性能
地震大国である日本は、いつ地震が起こってもおかしくない状態です。そのため、家を建てるときの性能として、耐震性の高さは極めて重要でしょう。
耐震性能が高い住宅を作るためには、まず地盤や基礎部分に着目し、地盤調査を行った上で適切な地盤改良を加えていきます。中でも地盤改良の工法の一つにハイスピード工法があり、地震による液状化を防ぐ効果があることや天然砕石のみを使用していることで健康面や資産面にも良いと言われています。
また基礎部分には、地震時の衝撃を地盤へ効果的に逃がすことができるベタ基礎がおすすめです。そして建物自体にも、耐震性に優れた建築工法を行うことが大切です。
例えば、木造枠組壁工法であれば床や壁、屋根が一体となったモノコック構造から、地震発生時にも一点で衝撃を受けるのではなく面全体で受け止められるため、住宅が傾いてしまうことや、倒壊してしまうことなどが少なくなります。また実際にこの工法で建てられた住宅が、実際に起きた東日本大震災において大きな被害がなかったという結果も残しています。
このように耐震性能の高い住宅を作ることで、地震への備えができるため、より安心して長く住んでいくことができる家となることでしょう。
今回は、家を建てるときにおすすめの性能を3つ紹介してきました。 外断熱や高気密の家は、部屋の温度を均一に保つことができ、省エネにもつながり、家の老朽化を防げるなどのメリットがありました。
また耐震性能については、地震が多い日本だからこそ必須とも言える性能の一つでした。他にもいろいろな性能を取り入れた住宅もありますが、ここで紹介した3つの性能はぜひ家を建てるときに考慮していただくことをおすすめします。

これがポイント!工務店・ハウスメーカーの選び方

住宅を建てるときに重要となるのは工務店やハウスメーカー選びです。どのような点に着目して選んでいくと良いのかをここでは紹介していきます。

 
1

■工法やデザインが要望に合っている

まずは工法やデザインを確認します。住宅の工法には大きく分けて木造、鉄骨造、鉄筋コンクリートの3つに分けられ、それぞれメリットもデメリットもあります。
各工務店やハウスメーカーでも採用している工法は異なるため、自分の予算と間取りの要望と照らし合わせながら検討すると良いでしょう。またデザインに関しては、和風なものやシンプルなもの、洋風なものなど各工務店やハウスメーカーによって得意としているデザインが異なります。
そのため、住宅展示場などのモデルハウスを確認し、自分好みのデザインを創り出している工務店やハウスメーカーを選ぶと良いでしょう。ただデザインだけではなく、性能面も一緒に検討することをおすすめします。
2

■予算に見合っている

住宅作りには、それぞれの家庭で予算が決まっています。予算の範囲内で建築可能なのかどうかも確認しておきたいポイントです。
予算内でより良い家を建築することが理想ですが、すべてを予算内に納めることは難しい可能性もあるため、コストをかける部分とかけない部分を自分なりに整理しておくことも大切です。そして各工務店やハウスメーカーの費用の内訳を理解し、何が含まれていて何がオプションになるのかなどを確認しながら進めていくと良いでしょう。
各工務店やハウスメーカーでの費用の内訳を比較しながら、自分の予算に見合っているところを選んでいくことをおすすめします。
3

■スタッフの提案力

住宅作りには、大きなコストがかかるため、失敗がないような計画を練っていかなくてはなりません。そこで重要となるのはスタッフの提案力です。
スタッフの人柄はもちろんのこと、どれだけ真剣に向き合ってくれてどれだけ適切なアドバイスをしてくれるのかは大切です。自分たちの要望を取り入れながらも、どこにコストをかけてどこのコストを削るのが最適なのかなどを提案してくれるスタッフが一番でしょう。
中には、設計士が同席してプランを提案していくところもあり、そのような工務店やハウスメーカーであれば、予算と要望をうまく組み合わせながら計画を立てていくことができます。
4

■アフターフォローがしっかりしている

住宅を建て終わったらそれで終わりではなく、やはりアフターフォローの内容も確認しておきたいポイントです。住宅は長い間、暮らしていくことが大前提となるため、保証期間やメンテナンスなどは重要となります。工務店やハウスメーカーによってアフターフォローは異なるため、保証期間や定期的なメンテナンスの有無、万が一の時の相談窓口はあるのかなどを確認しておきましょう。住宅を建て終わったあとはどうしても老朽化が進んでしまうため、不具合や修繕箇所が出てくるため、手厚いアフターフォローがある工務店やハウスメーカーを選んでいくことが大切です。
5

■複数の会社を比較する

工務店やハウスメーカーを選ぶときには、1社で決めるのでなく、いくつかの会社を比較してから決めていくことが大切です。上記であげたいくつかのポイントを当てはめながら、複数の会社に見積もりや説明を聞きに行き、比較していきましょう。
工法やデザインが自分の要望と合っているのか、予算内での建築は可能なのかどうか、スタッフの提案力は豊富にあり適切なものなのか、そしてアフターフォローの内容などをしっかりと各社で確認した上で、自分にとってより良いと感じる会社、長くお付き合いができそうな会社を選んでいくことをおすすめします。メーカー名だけで決めるのではなく、あくまでも内容を確認し、無理な契約を進めるのではなく、お客様目線での対応を行ってくれる会社かどうかなど信頼関係を築いていける会社であるのかを、判断するためにも複数の会社を比較していきましょう。
6

まとめ

今回は、工務店・ハウスメーカーの選び方のポイントについて紹介しました。ここで紹介したいくつかのポイントを念頭に置きながら、いろいろな会社を比較していくことをおすすめします。
住宅作りには、今後も何十年と付き合っていくことにもなる可能性が高いため、より安心でき、信頼できると思える会社を選んでいきましょう。