注文住宅のキッチン選びのポイントとは?種類ごとの特徴を掴もう!

公開日:2021/12/15  最終更新日:2021/10/19


注文住宅のキッチンは種類も豊富で、場所も自由に選べるため絞り込むのが難しいですよね。自分に合ったキッチンを選ぶには、さまざまなキッチンのメリット・デメリットを知っておく必要があります。そこで今回は注文住宅のキッチン選びのポイントと種類ごとの特徴について紹介します。キッチン選びの参考にしてください!

注文住宅のキッチンの種類とそれぞれのメリット・デメリット

まずはキッチンの種類とそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

アイランドキッチン

アイランドキッチンとは「アイランド=島」という言葉が意味するように、調理スペースやシンクが壁と接しておらず、孤立しているキッチンのことです。片方が壁づけされている「ペニンシュラ=半島」というタイプもあります。このタイプのキッチンは食事スペースと対面する形で設計される対面型キッチンに属します。

・メリット
キッチンが壁から離れていることにより開放的な空間を生み出せるのがメリット。また周囲を囲むようにして大勢で調理ができるのもアイランドキッチンの特徴です。加えて対面キッチンであるため食事を食べている子どもたちや友達と会話をしながら調理をすることもできるでしょう。

・デメリット
一方デメリットは広いスペースがないと作れないことです。なぜならアイランドキッチンは全方位にスペースを確保する必要があるからです。注文住宅の場合は土地が広い場合には作れるかもしれません。他にも調理中の臭いや汚れが飛び散りやすかったり、値段が張ったりすることもデメリットとしてあります。

I型キッチン

I型キッチンは、シンクとコンロを一直線に配置するのが特徴です。最も一般的でどんな家庭でも導入しやすいスタイルになります。

・メリット
I型キッチンは、「対面」か「壁づけ」の2択を選ぶことができます。料理をしながらお話がしたい対面がよい方でも、料理に集中したい壁付がよい方でも対応可能です。

・デメリット
I型キッチンのデメリットは、作業スペースが広く取れないこと。数人で作業するには不向きだといえます。

セパレートキッチン

セパレートキッチンとは、シンクとコンロを分けて設置するキッチンのことです。日本のI型に見えるため「II型」とも呼ばれます。

・メリット
片方が対面、もう一方が壁付きと2つのよさを得られるのがセパレートキッチンのメリットです。またコンロなども火回りと、シンクなどの水回りを分けられるのも魅力的です。

・デメリット
セパレートキッチンはI型を2つ設置することと意味的には同じため、スペースがないと設置できないことがあります。またシンクとコンロが反対側にあるため人によっては使いづらいでしょう。自分の料理の仕方や、間取りを意識して選ぶ必要があります。

注文住宅のキッチンはどういう基準で選ぶべき?

キッチンにはさまざまな種類があることはわかりましたが、どんな基準で自分にあったものを選ぶべきでしょうか。

用途を気にして選ぶ

キッチンに対してあなたはどのようなことを要求するでしょうか?たとえば、料理が好きな方はキッチンの性能や使いやすさを重視するかもしれません。一方キッチンはコンパクトに納め、部屋を広くしたいという方もいるでしょう。用途によってキッチンの設置場所やスタイルが変わってくるためキッチンに何を求めるかを検討することが必要です。

キッチンのスタイルで選ぶ

アイランドキッチンは周囲を取り囲むようにして作業できるため、大人数で食事をする機会が多い方におすすめです。対してI型キッチンは壁付で設置するため、キッチンに面積をさきたくない方や、価格を抑えたい方に適しています。このように各々のスタイルでキッチンを選ぶのも一つの方法です。

注文住宅に設置するキッチンの費用を安く抑える方法!

キッチンは毎日使うものですから、できるだけこだわりたいもの。しかしあれもこれも設計していると予算をオーバーしてしまいますよね。価格を抑えつつよいものをそろえる方法はないのでしょうか?

オプションの必要性を充分吟味する

購入する前は「欲しい」と感じていても、実際使ってみたら必要なかったなんてことがあるかもしれません。たとえば、少人数で暮らしている場合の食洗機。食洗機は家族が多い場合にはまとめて洗えるため実力を発揮するもの。1人や2人暮らしの場合は電気代ばかりがかかってしまい使わないケースが多いようです。食洗機以外にも大きい棚や収納スペース、オーブンなど本当に必要なのかをよく吟味してオプションを選択しましょう。

メーカーにはこだわらない

このメーカーからしか買わないと決めてしまうと、その行ため自体が選択肢を狭めてしまいます。欲しい機能が付いているキッチンがあったとしても、その商品にたどり着けない場合があるのです。工務店によっては希望に沿ったキッチンを紹介してくれますので、お任せするのもおすすめです。

 

今回は注文住宅のキッチンの選び方とキッチンの種類について紹介しました。注文住宅を建てる際、キッチンに理想がある方は多いです。しかし究極の理想を追い求めると値段が高くなったり、あまり使わないものを導入してしまったりと失敗してしまうかもしれません。そうならないためも、必要なものを充分検討し予算の範囲内で購入できるとよいですね。

おすすめ関連記事