【車好きの夢】注文住宅でビルトインガレージを作る際に考えるべき点

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/07/16

注文住宅を建てる時、車を所持しているのであればガレージの設置を考えることになります。ビルトインガレージは設計次第で車好きな人にとってこだわりの詰まった空間にできるので憧れを抱く人も多いかと思います。この記事ではビルトインガレージのメリットや設置する際に注意すべきポイントについて解説します。

ビルトインガレージとは?

ビルトインガレージとは、建物の内部に駐車するためのスペースを組み込んだガレージのことで、一階に車が出入りするための大きな開口部を設けたものです。屋外のガレージは建物とは別にガレージ用の土地を確保して設置しますが、ビルトインガレージは建物の一部としてガレージが存在するので、見た目が大きく異なります。

ビルトインガレージのメリットとは?

ビルトインガレージには実用的なメリットが複数あります。ビルトインガレージにするとどのようなメリットがあるのか、説明します。

狭い土地でもガレージを作ることができる

ビルトインガレージは建物の内部に作る駐車スペースなので、狭い土地でもガレージを設置できます。とくに都市部や住宅密集地では狭い土地に家を建てるケースが多いので、よく取り入れられます。

悪天候や犯罪から愛車を守ることができる

ビルトインガレージは建物の中にすっぽりと車を収めるので、悪天候でも車が汚れないというメリットがあります。積雪する地域では除雪の手間が省けます。また、シャッターやドアをつければ車が外に晒されないので、愛車をいたずらや盗難被害から守ることができます。

ガレージから家への動線がスムーズにできる

ビルトインガレージから家の中への動線を工夫して設計すれば、屋内への移動をとてもスムーズにできます。買い物から帰ってきて車から玄関内へ大荷物を運ぶのに苦戦するのは多くの人が経験したことがあると思いますが、ビルトインガレージから玄関ドアが近くなるように設計すればとても楽ですし雨でも濡れません。また、メインの玄関ドアだけではなくガレージから玄関先や部屋へ直結するサブのドアや窓を取りつけ動線を作るという方法もあります。

趣味の部屋としても使うことができる

ビルトインガレージはただの駐車スペースとしてではなく、愛車を鑑賞したり整備したりする趣味の部屋としても使う事ができます。照明をつけて工具などを持ち込めば、天候を気にすることなくいつでも愛車の整備をすることもできますから、車好きには堪らない秘密基地のようなスペースになるでしょう。

建築費用はどの程度かかるのか

ビルトインガレージを作る際に建築費用はどれくらいかかるのか、説明します。

基本工事費プラスアルファと考える

ビルトインガレージを設置するのには、車一台分のスペースで約250万円程度の費用がかかるといわれます。スペースに余裕を持たせたいのであれば費用はさらにかかりますし、プラスアルファでシャッターや照明、換気設備、防音設備、耐震のために柱を増やすなど対策をすると、それぞれに費用がかかることになります。

固定資産税を減らすことができる設計も

費用が嵩みやすいビルトインガレージですが、家の固定資産税を減らす設計もできます。それは、ビルトインガレージの面積を延べ床面積の5分の1までにすると固定資産税が安くなるというものです。設計の際に上手く取り入れると減税できるので、覚えておきたいポイントです。

ビルトインガレージを作る際の注意点

ビルトインガレージを作る際には、長い目で見て使いやすい設計にすることが大切です。ビルトインガレージを作る時に注意するべきことを説明します。

騒音・換気・排水の対策を

ビルトインガレージは建物の一部で生活空間と密に接しているので、どうしてもエンジン音や車ドア、シャッターの開け閉めの音が家の中の人にも聞こえやすいです。壁を防音仕様にする、シャッターをつけるなら開閉音の静かなスライダー式にするなどの対策を考えるとよいでしょう。

換気で気を付けたいことは、エンジンをかけたままにすると排気ガスがガレージ内に溜まるので、長時間ガレージを使ったり暖房をつけたりする可能性があるのであれば換気扇をつける必要があります。また、出入口に向かって床に緩やかな傾斜をつけると、水を使った時に排水がスムーズにされます。

将来を考えた設計を

ビルトインガレージを作る際には、将来車を乗り換えた時のサイズも考慮した設計をすることが大切です。また、ドアを開けるのにもギリギリの狭さでは、せっかくビルトインガレージを作っても出かけるのが億劫になってしまうかもしれません。これから子どもを考えているという人は、車を降りてから子どもを抱っこして運んだり、子どもが自分で歩いて通ったりする等のシーンでも余裕がある作りにしておくと生活がしやすいでしょう。

 

ビルトインガレージについて説明してきました。車好きな人には趣味の部屋にもなり得るビルトインガレージは、憧れる人も多いでしょう。注意するべき点をしっかりと理解した上で納得のいくビルトインガレージの設計をすれば、きっと便利で素敵な空間にできます。ぜひ参考にして、理想の家づくりに役立ててください。

おすすめ関連記事